とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

ビットコインや仮想通貨の知識が全くない初心者の方でもビットコインや仮想通貨がどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

プルーフ・オブ・ステークの問題点「Nothing at Stake」とは <初心者向け>

f:id:jyutakugyoseiku:20180109160927p:plain

 

マイニングのプルーフ・オブ・ステークが起こす問題点「Nothing at Stake」について初心者の方にも分かりやすく解説をしていきます。

 

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

プルーフ・オブ・ステークとは

プルーフ・オブ・ステーク(以下、PoS)とは仮想通貨のブロック作成時に適用されるルールの事を言います。

中央管理者のいない仮想通貨では台帳(取引記録を残す帳簿)やデータベース(データを保存しておく箱)の役割を担うブロックチェーンを不特定多数の参加者が作成していきますがその過程で不正が行われないよう一定のルールが設けられています。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20180107115923p:plain

 

そのルールの中でビットコインでは「プルーフ・オブ・ワーク(以下、PoW)」というルールが採用されており、これは「参加者の仕事が証明される事でブロック作成が可能になる」というものです。仕事とは「計算」の事でその計算を行う為にはコンピューター設備やそれを動かす電力が必要になります。これらの必要なもの(=仕事)がある事でその参加者は不正をしていないとみなされる一つの理由になります。

 

それに対しPoS(プルーフ・オブ・ステーク)では簡単に言えば「参加者のその仮想通貨の保有量(掛け金)が証明される事でブロック作成が可能になる」というもので、PoWの問題などが解決されるルールとしてビットコイン以外の仮想通貨でも既に採用されています。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20180107130627p:plain

 

PoSはいくつかの点でメリットなどがありますのでビットコイン以降に作成された仮想通貨ではPoSによる最良の仮想通貨が作成できるのではないかと期待されています。

PoSについてやPoWの課題・PoSのメリットはこちらの記事プルーフ・オブ・ステークとは <初心者向け>もご参照ください。

 

Nothing at Stakeとは

PoSはPoWに比べていくつかのメリットがある事が分かっていますがPoSにも独自の問題点は存在します。

その問題点の一つに「Nothing at Stake」というものがあります。

 

Nothing at Stakeとは「掛け金」と訳す事のできる「Stake」が無い状態の問題の事を言います。元々、保有量つまり掛け金がPoS採用仮想通貨ではブロック作成の為に必要で、それらを持っている事が不正なブロックを作成せず、正常にシステムを稼働させる事のインセンティブになっていましたが、逆に掛け金があればブロックが作成できてしまうので(厳密には掛け金だけではありませんが)不正なブロックを作成しやすくなってしまう、という問題があります。

 

例えばブロックチェーンが繋がれているところに不正なブロックを追加したとします。この時、PoWでは一定量の計算能力が不正なブロックであっても必要なのでそのブロック作成にはコストがかかっています。

 

そして最も長いブロックチェーンが基本的には有効とされるルールがあるので正当なブロックチェーンよりも不正なブロックチェーンが長くなるようにずっと繋げていかなくてはならず、そのブロック作成の度にコストがかかる事になります。

 

そうまでして普通はPoWの元では不正ブロックを作成するメリットが無いので基本的にはこのような事態は生まれません。

 

ただし、PoSの場合はこの不正ブロック作成には膨大な計算コストは必要ではない為作成・継続が行いやすくなってしまいます。これがNothing of Stakeの問題です。

スポンサー

 

 

イーサリアムでのPoS

普通、PoSが採用されている仮想通貨ではブロック作成報酬はあっても不正ブロック作成に対する罰則はありません。

しかし、イーサリアムではPoSに罰則を設けるなどしてこの問題に対処しようとしています。Casperと呼ばれる独自のPoSシステムを開発しており、その中ではNothing of Stakeを解決すべくルール違反者に罰則を与えるものとなっています。

 

イーサリアムでは他にもPoSの問題点を解決するべく独自のルール開発が行われております。現在はPoWを採用していて、既にEthashという独自システムが稼働していますが今後行われていくPoS移行でも独自システムを開発し成功を目指しています。

 

関連記事

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)のデメリットは何か <初心者向け>

イーサリアムの4段階ハードフォークの概要 <初心者向け>

イーサリアム(Ethereum)初心者入門ページ

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で