とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

ビットコインや仮想通貨の知識が全くない初心者の方でもビットコインや仮想通貨がどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

ビットコインとゲーム内コインの違い

f:id:jyutakugyoseiku:20170726143913p:plain

 

ビットコインはネット上で利用可能な通貨です。このように聞くと「ビットコイン=ゲーム内コイン」と認識する方も多くいます。「ビットコイン」と「ゲーム内コイン」の違いについて初心者の方にも分かりやすく解説をしていきます。

 

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

ビットコインとゲーム内コインの相違点

 

ビットコインとゲーム内コインの相違点を挙げていきます。なお「ゲーム内コイン」とはRPG(ロールプレイングゲーム)等でバーチャルな自分(主人公)が保有する事ができる通貨の事をここでは指す事とします。

 

ビットコインとゲーム内コインの似ている(同じ)点

 

「物」として手に取る事ができない

 

ビットコインもゲーム内コインも日本円などの法定通貨(fiat money)のように手に取る事ができません。100円硬貨や1000円紙幣にそれぞれ「100円の価値」や「1000円の価値」があるように「物」に価値が付いている、という誰もが確認できるようになっておりません。

 

その為日本円の「硬貨」や「紙幣」のように偽造防止機能を「物」に付与する事をしません。あくまでデータの中だけで保有している事を証明します。

 

同じ「財布(フォーマット)」内でしかやり取りできない

 

ビットコインもゲーム内コインも同様のフォーマットの中でしかやり取りする事ができません。ゲーム内コインであれば「同じゲーム内」ビットコインであれば「ビットコインアドレス」というフォーマットを通してでしか通貨をやり取りする事ができません。

スポンサー

 

 

独自に価値を形成する

 

ゲーム内コインもビットコインもそれ自体が価値を形成しております。どちらも法定通貨が無くなっても価値は消滅しません。

 

ゲーム内コインでは例えば1G(ゴールド)ならゲーム内で1Gとして利用されます。ビットコインの1BTCをやり取りする時、送る人も受け取る相手にとっても1BTCとしての価値しかありません。

 

例えば日本円とビットコインの交換が禁止されても(ビットコインの価値を日本円で表せなくなったとしても)ビットコインを利用する人がいれば、ビットコインの「1BTC」は「1BTC」として相手のビットコインアドレスへの送金が可能です。そこでは1BTC=〇〇円の価値、ではなく1BTC=”1BTCの価値” が形成されやり取りされるのです。

 

ビットコインとゲーム内コインの異なる点

 

ビットコインとゲーム内コインではどのような違いがあるのでしょうか。

 

日本円(その他法定通貨)との交換が可能

 

ゲーム内コインは日本円との交換ができませんしレートも存在しません。ビットコインは日本円やその他法定通貨(米ドルなど)との交換が可能でレートが存在します。

 

通貨の移転が容易

 

ゲーム内コインは同じゲームを持っている人のみの交換は可能(なものがある)ですがビットコインはビットコインアドレスという誰でも作成可能な財布を持っていれば通貨のやり取りを簡単に行う事ができます。

 

この時大切なのは「ビットコインアドレス」は現金を入れる財布と同様に「誰でも作成でき」「管理が自身で行える」という事です。ゲーム内コインはゲーム制作者(管理者)のセキュリティに依存しますがビットコインは現金と同様に管理を自身で行うので移転を自身の意思を持って行う事ができます。

 

ビットコインとゲーム内コインは同じ?

 

ここまでお読みいただいた方は思われるはずです。

「もし特定のゲーム内コインが日本円と交換できるようになったら」「もしそのゲームを誰もが利用するようになったら」

ビットコインとゲーム内コインの差は無くなるのでは?

と。

 

実はビットコインとゲーム内コインには差がそこまでありません。ビットコインが日本円とレートが存在し、ビットコインアドレスという誰でも作成可能で管理可能な「財布」が存在するかどうかの違いなのです。

 

ビットコインは更に「管理者不在」というゲーム内コインには無い特性(ゲーム内コインは先ほど述べたようにセキュリティ依存をゲーム制作者(管理者)にしている)を持ちますが仮想通貨の中には「仮想通貨製作者」にセキュリティ依存をしているものもあります。

 

ですので「仮想通貨」「ゲーム内コイン」の違いとは大きくないのです。

 

小さな差が大きな差

 

とは言うものの、この差が大きな差なのです。何故なら今まで存在したデジタル通貨に「日本円とレートを持ち」「簡単に財布を作成し」「自身の管理でやり取りでき」「世界中で多くの人が保有した」事が無かったのです。

 

デジタル通貨というくくりであれば「ゲーム内コイン」「電子マネー(suicaなど)」「仮想通貨」に大きな差はありません。(ビットコインのみで見れば「中央管理不在」という大きな特性はありますが)

 

しかし、日本円とレートが存在(独自の価値を形成)し財布を「個人」が誰にも依存せず作成・管理しそれさえ持っていれば現金のようにやり取りできるデジタル通貨は今まで無かったのです。

 

仮想通貨の革新テクノロジーはそのような小さな差を生み出し、大きなイノベーションを起こしているのです。

 

ビットコイン=ゲーム内コインである、というのは正しくもあり大きく間違った解釈でもあるのはこのような理由があるのです。

 

関連記事

ビットコインと今までのネット上貨幣

現在のビットコインとインターネット黎明期

ビットコインの中央管理不在のメリットとリスク

 

 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で