読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とってもやさしいビットコイン

ビットコインの知識が全くない初心者の方でもビットコインがどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

MENU

ビットコインチャージ対応のマネパカードの便利さについて

f:id:jyutakugyoseiku:20170504160527p:plain

 

ビットコイン取引所のZaifにより「マネパカード」がビットコインからチャージすることが可能になりました。今回はマネパカードのビットコインチャージの便利さについてご紹介をさせていただきます!

 

 

マネパカードとは

 

「マネパカード」は株式会社マネーパートナーズが展開するチャージ式のプリペイドカードです。マネーパートナーズはFX取引を始め、外貨の資産形成のサービス等を主として展開しております。ですのでマネパカードはよくあるプリペイドカードとは異なり6種類の通貨を取り扱っており、海外での利用にも適しております。

 

マネパカードはMaster Cardブランドで、Master Cardに加盟している世界の店舗でショッピングをすることができます。また、海外の対応ATMでチャージしておいたお金を現金で引き出すことができます。日本円でチャージしておいても勝手に現地通貨の現金に換金して引き出すことができます。他にもマネパカードに外貨をチャージすることができます。マネーパートナーズのFX口座と連携をさせる事で例えばFXトレードで増やした外貨をその分マネパカードにチャージしておくことでその外貨を利用できる国に行けばそのままショッピング等をすることができます。


スポンサー

 

 

マネパカードの長所

 

マネパカードの長所はいくつかありますが、分かりやすいところで言えば手数料の安さです。ATMで海外で対応銀行キャッシュカードから現地通貨を引き出す際や、銀行で現金を外貨に両替する際は必ず手数料がかかります。マネパカードでももちろん手数料はかかりますがその手数料が先に挙げた二つの方法よりも安いのです。

 

また、クレジットカード利用ショッピングでの手数料よりも安くなることがあります。例えばマネパカードのシュミレーションによると食事代4万円、交通費1万円をアメリカで使った場合、クレジットカードでは860円の費用がかかるのに対しマネパカードでは395円かかるとされます。54%の費用を削減することができます。

 

私も海外に行った際に両替やクレジットカード利用をして手数料を取られます。この手数料はとてももったいないと感じるので安くなることはとても得をした気持ちになれるので便利です。

 

もちろん全ての国で私もクレジットカードとマネパカードの比較をしたわけではないので1回のみのショッピングではそこまで差はありませんが何度も利用する場合はマネパカードでショッピングをすれば費用が抑えられる可能性は高くなるでしょう。

 

手数料が安くなるのはFXトレード換算でマネパカードは両替をすところなどにあります。

 

ビットコインチャージとマネパカード

 

そんなマネパカードがビットコインチャージに対応することになりました。取引所Zaifと連携することによってZaifに預けてあるビットコインからマネパカードにチャージすることができます。

 

今までビットコインチャージ可能なプリペイドカードはありました。「バンドルカード」がその一つです。バンドルカードはcoincheckというビットコイン取引所と連携してビットコインチャージが可能になっております。バンドルカードが国内のみの利用に対してマネパカードは海外でも利用できるカードとなっております。チャージ式のプリペイドカードとしては国内初のビットコインチャージ対応のカードとなっております。(バンドルカードについて⇒ビットコインVisaカード「バンドルカード」について

 

プリペイドカードのビットコインチャージの使い道は私は正直国内ではあまり無いのでは?と考えておりました。国内でビットコインチャージを利用した方がお得な場面というのはそこまで今のところ無いからです(特に今存在するビットコイン対応のプリペイドカード等で)。その利用についてはこちらの記事

ビットコインチャージできる「バンドルカード」は使えない!?

で述べました。

 

しかし、マネパカードのビットコインチャージでプリペイドカードを利用する際は有用になる点は2つあります。

 

一つ目が「国内利用で最大2%のキャッシュバック」です。クレジットカードやデビットカードなどでキャッシュレス支払いをする時に有効なのがポイントなどの還元です。利用すればするほど現金支払いをするよりも何かしらの形で還元されるのでお得にショッピング等をすることができます。

そのお得がマネパカードでは享受することができます。最大2%というのはFXトレードを沢山した方限定で、通常の国内利用では1%となります。ですが1%でも還元されるのであれば利用しても損はないでしょう。(クレジットカードやデビットカードも1%以上の還元は何かしらの付帯サービスを利用しなくてはいけない事が多い為)

 

これはビットコイントレードを行ってとてもビットコインを多く持つ方やビットコインを積極的に利用したい方が国内でお買い物をしたい、という時に有用なものとなると考えます。

 

二つ目が「海外での手数料の安さ」です。ビットコインは特に海外での利用に便利です。海外に行かれる方にとって既存の銀行システムはあまり便利とは言えません。銀行預金を海外で引き出すのは手数料がかなり高くつきます。現金を現地で両替するのは長期旅行などでは大量に現金を日本から持っていかなくてはいけないので危険です。そのリスクやコストをマネパカードは抑えてくれます。海外でビットコイン支払いを受け付けてくれている店舗であればビットコイン支払いはかなり有効ですが現状そこまで多くはありません。ですのでビットコインとマネパカードを利用する事で、銀行を一切通さずにお得に海外で支払いをすることができます。

 

ちなみにマネパカードへチャージする時、銀行振り込みを利用すると振り込み手数料が実費負担になりますがZaif提携でのビットコインチャージは0.0002BTCとなります。(約40円)多くの銀行の振込手数料は100円以上なのでここでもお得になります。(振り込み手数料が無料の銀行もあるのでそのような口座をお持ちの方はそちらを利用した方がお得にはなります。)

 

私は今一番(今後もおそらく少し先まで)お得に海外で支払い(かつ現金引き出し)をすることができるのはマネパカードなのではないかと考えます。

 

実際にまだ比較を私自身が行っていないので今後これについては調べて行きたいと思っております。

 

まとめ

 

以上が今のところ分かっているマネパカードの便利さについての考察です。正直ビットコインをチャージして海外で利用するよりもビットコインを直接支払いで利用できるようになるのが最もお得で便利な方法であると考えますが現時点ではまだ海外でもビットコイン支払い対応店数は限られているので何かしらの形で現地通貨に対応せざるを得ません。

その一つの方法として「マネパカード」という選択肢は私はアリだと考えております!

ビットコインチャージ可能なマネパカード作成方法

 

関連記事

ビットコインVisaカード「バンドルカード」について