とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン~初心者の為の仮想通貨ガイド~

ビットコインの知識が全くない初心者の方でもビットコインがどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

MENU

ICOの示す未来と個人の資金集め

f:id:jyutakugyoseiku:20170310050031p:plain

 

仮想通貨では、開発をする際にICOというクラウドセールが行われる時があります。これは、資金集めの方法として仮想通貨ならではとも言える方法です。ICOの凄さについて説明をしていきたいと思います。ICOの簡単な説明はこちら⇒仮想通貨のICOとは?

 

f:id:jyutakugyoseiku:20170309165209p:plain

 

ICOとは

 

ICOは新たな仮想通貨を開発する為に行われる資金集めの方法の事です。新たな仮想通貨を配布する代わりにビットコインやイーサリアムなどで資金を集めます。集めた資金は基本的に開発資金(人件費や設備費など)に利用されます。

 

分かりやすく言うと企業が株式を発行して資金集めをするようなものです。新規発行株=新たな仮想通貨、支払うお金(日本なら日本円)=ビットコイン、というイメージです。実際にイーサリアムなどはこのICOによって多額の資金を集めました。そしてICOにより低価格で新たな仮想通貨を手に入れた人は、その後仮想通貨が実際に普及し価格が上昇すればかなりの儲けを出すことができます。

 

逆に開発が途中で頓挫してしまい、せっかくICOで手に入れた新たな仮想通貨が無価値になってしまう場合もあります。このあたりも企業が新規株式を発行して資金集めをする構造に似ております。ICOの方がハイリスクハイリターン(リターンできるのはかなり少数の仮想通貨ですが)であると思いますが。

 

そんなICOですが株式とは大きく異なる部分があります。それは「仲介者」が不在で行われる、という点です。

 

ICOの資金集め

 

ICOが、広く不特定多数から資金集めをするという点では株式と良く似ています。しかし、実はICOと既存の資金集めでは大きく異なる部分があります。それは「仲介者」が不在で行われるという点です。

 

これは、一見すると見逃してしまいがちになります。というのも既存の資金集めでは投資をする側からはもはやあまり仲介者の存在を意識するのも少なくなっているからです。仲介者がいるのが当たり前になっているからです。

 

株式の場合は上場する事により(IPOなどと言われますが)一般の投資家から資金を集めます。そうなるとまず「上場」という段階が必要になる事が分かります。この場合、例えば東京証券取引所に上場するのであれば「東京証券取引所に認められる」必要があります。いくつもの審査を経て、この段階にたどり着きます。

 

しかし、ICOの場合はこれが必要ありません。ビットコイン(またはイーサリアムなど)を渡すのと引き換えに投資家は新規仮想通貨を受け取ります。それは仮想通貨アドレスを利用して行われる為にどこの機関の介在もありません。

 

厳密にはウォレットの運営が第三者として存在する事にはなりますが、ウォレットサービスを利用しなくてもアドレスを自身で管理する事もできますしICO自体にウォレット運営は関係がありません。(関係する場合もありますが)

 

ここで思い浮かべる事ができる、クラウドファンディングですがクラウドファンディングは第三者としてクラウドファンディング運営が必要です。また法定通貨を扱うので銀行も必要になります。

 

 
スポンサー
 

 

仮想通貨の可能性

 

このICOの「仲介者不在」には大きな可能性があります。またこの可能性は「仮想通貨」自体の可能性に繋がってきます。

 

というのも、なぜICOが仲介者不在で資金を集める事ができるのか、という理由に仮想通貨が「ネット上で価値の送信を可能にした」という事が言えます。クラウドファンディングで個人対個人の資金集めができないのは今までのインターネットというのは「情報」は送信できても「価値」を送信できなかったからです。

 

私達が現在利用するインターネットは情報を送信する事には長けていても「価値」を送信することはできません。

 

「お金を送りたい」という情報を送る事はできます。これはSSLなどの暗号技術を利用し、その情報を金融機関に送り、金融機関がその情報を元に価値を移転する方法で可能です。しかし、現在のインターネットでは「価値」そのものを送信するという事はできません。

 

それを可能にするのが「仮想通貨」なのです。

 

仮想通貨が誕生することによって価値をメールと同じように個人対個人で送る事が可能になったのです。これにより、さらに多くの人がより多くの人に対して資金を募る事が可能になります。するとより世界の人が自分のアイデアを形にしやすくなります。今までは誰かの審査を通らなければ資金を募る事すらできませんでしたが、そうではなく発信の場が広がるのです。より権利が個人に集まるのです。

 

権利が個人に集まるという事は、資本主義の法則に従えるのであればより世界を良くしようとする人に資金が集まり、世界の構造が急速に変わる事になります。あなたが世界の困っている人を救うアイデアと実現可能性を示すことができればすぐにでも資金を募る事が可能になるのです。

 

それを「仮想通貨」は可能にしており、既にICOという形で現実のものとなっています。

 

まとめ

 

仮想通貨のICOは一時期よりもブームは去った印象があります。それは詐欺なども同時に可能になり、ICOにおいて行われることもあったからです。しかし、ICOが示したのは「実現可能」というものだと思います。テクノロジーでは既に可能になっていて、あとはどう詐欺や不正を防ぐシステムを考えるか、という事です。

 

おそらく、数年後には個人がより少ない仲介者の助けだけで資金集めができるようになるでしょう。そんな未来をICOが示したのだと思います。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20170309165247p:plain

//トップに戻るボタンの設定
//トップに戻るレンジの設定