とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン~初心者の為の仮想通貨ガイド~

ビットコインの知識が全くない初心者の方でもビットコインがどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

ビットコインウォレットLedger Nanoの使い方(初期設定まで)

f:id:jyutakugyoseiku:20170129173242p:plain

 

ビットコインを保有する場合はオフライン上で管理する「コールドウォレット」というウォレットに保存するのが好ましいです。そんな中でもハードウェア型のウォレットであるLedger Nanoというウォレットがハードウェア型のウォレットの中では最も安く、ビットコイン初心者にとっては練習にもなりいいのではないかと考えます。今回はそんなLedger Nanoの使い方をご紹介します。

 

 

 

Ledger Nanoとは

 

Ledger Nanoに関しては以前こちら⇒Ledger Nanoウォレットというビットコインウォレットでご紹介をさせていただきました。他のウォレットと比べての良い点悪い点などはそちらで解説をしておりますのでご参考にしていただければと思います。

 

ちなみにハードウェアウォレットをいつから利用した方がいいのか?という事を初心者の方は考えると思うのですが、決まりは特にありません。自身が「盗まれるリスクを減らしたい」と思うほどのビットコインを保有している場合は利用した方がいいでしょう。もちろん無料であればすぐにでも誰でも利用するとは思います。Ledger Nanoに関しては4000円ですので、ビットコイン盗難のリスクを抑える為であれば4000円払ってもいいと思える場合はすぐにLedger Nanoを利用するのが賢明でしょう。

 

また、今後ビットコインを更に多く利用したいと思っている場合はより使いやすかったりセキュリティの高い保管方法を考える必要があります。

 

その際に急にハードウェア型のビットコインウォレットを利用するのではハードルが高いので、一旦Ledger Nanoのような安価なビットコインウォレットで練習をしてハードウェアウォレットに慣れておく、というのも一つの手でしょう。

 

あと、ハードウェアウォレットを利用すると単純に知識が増え、さらにビットコインが面白くなるのでおすすめです。

 

Ledger Nanoの使い方

 

使い方はいたって簡単です。初期設定さえ完了してしまえばあとは簡易ウォレットのように送金と受金の操作方法さえ分かればOKです。

 

購入をしたらまず、https://www.ledgerwallet.com/にあるLedger NanoのHPから「Ledger Wallet」というウォレットアプリをダウンロードします。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20170128090817p:plain

 

ちなみにLedger NanoHPは日本語にも対応しておりますので先に「Language」から「日本語」を選択しておくといいでしょう。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20170128091021p:plain

 

続いて初期設定を行います。Ledger NanoではGoogle Chromeブラウザが必要になります。普段、

f:id:jyutakugyoseiku:20170128091705p:plain

このマークからインターネット(google検索ページなど)を利用されている方はそのままこのChromeブラウザから初期設定を利用してください。それ以外の方はhttp://www.google.com/chromeこちらからGoogle Chromeをインストールする必要がありますのでご注意ください。

 

さて、ここまできたら初期設定を開始します。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20170128092021p:plain

 

画面最下部の「Start」から(日本語では「スタート」)初期設定を開始できますので、こちらをクリックします。

 

 

f:id:jyutakugyoseiku:20170129124813p:plain

 

「Ledger Nano」を選択します。すると以下の画面が表示されます。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20170129125240p:plain

 

ウォレットをインストールできる画面に移りますので「Bitcoinウォレットをインストールします」を選択してください。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20170129125500p:plain

 

このような表示が出ますので「アプリを追加」を選択しましょう。特に怪しいアプリではないのでご心配無用です笑 パソコン不慣れですと心配してしまうので。(私もそうですが…)

 


スポンサー
   

 

f:id:jyutakugyoseiku:20170129125743p:plain

 

インストールが無事に終了し、上図が表示されたらウォレットを開き(以下画面)初期設定を行います。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20170129125920p:plain

 

「Bitcoinウォレットを開きます」を選択すれば先ほどインストールした「Ledger Wallet Bitcoin」が開きます。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20170129163437p:plain

 

こちらの画面が開いたら、Ledger Nano本体をパソコンのUSB部分に差し込みます。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20170129163614p:plain

 

するとウォレットが起動し、初期設定を行えるようになります。ここでお分かりになると思いますがLedger Nanoの本体を差し込まなければ例えパソコンを盗まれたとしてもLedger Walletを起動する事ができません。つまり情報はLedger Nano本体にある訳で本体さえ盗まれなければビットコインを移動させられる事がない、という事です。

 

ここにこのLedger Nanoのセキュリティがあるのです。

 

画面を見ていただければお分かりになられると思いますが「既存のウォレットの復旧」という選択肢もあります。つまり、パソコンが急に壊れてしまい新しいパソコンにしたとしてもアプリをその新たなパソコンでインストールし、「既存のウォレットの復旧」をすればLedger Nanoに入れていたビットコインを復元できます。(後述する復元パスフレーズが必要)

 

ここでは初期設定をする為に「新しいウォレットの作成」を選択します。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20170129164219p:plain

 

 信頼されるべきパソコンであるかどうかの確認です。ウイルスに感染していない事や自分以外のパソコン(共用のパソコン、ネットカフェのパソコンなどは避けましょう)で行いましょう。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20170129164514p:plain

 

 PINコードの設定を行います。「自動PINコード」はランダムに4ケタの数字が決められます。「手動PINコード」は自身で決めます。

 

どちらでも構いませんが、今後Ledger Nano本体をパソコンに接続しウォレットを操作する時に必要になるものです。忘れないこと且つ他者から予測されにくい(誕生日は避ける、など)数字にしましょう。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20170129165338p:plain

 

先ほど設定したPINコードを確認の為に入力します。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20170129165527p:plain

 

24単語の復元パスフレーズが表示されます。これは先ほど出てきた「ウォレット復元」の際に利用します。PINコードを忘れてしまい再発行する時にも必要です。逆に言えばこれがあればLedger Nano本体が無くてもビットコインを盗めてしまいます。本体と同じく大切なものでありますので必ず写し間違いのないよう書き写しておきましょう。

 

ちなみにもう二度とこの復元パスフレーズは表示されませんので確実にLedger Nanoに同封されている復元パスフレーズ保存用紙に書いておきましょう。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20170129165939p:plain

 

先ほど書き写した復元パスフレーズを確認の為任意の場所の単語を入力します。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20170129172335p:plain

 

ここまできたら後は「完了」を押すだけです!「完了」を押しましょう!

 

f:id:jyutakugyoseiku:20170129172518p:plain

 

この画面が表示されたら初期設定は完了です!

 

次にウォレットを開けば送信・受金が可能になっております!

 

 

まとめ

 

Ledger Nanoウォレットは実際試していただくとお分かりになると思いますが、「Ledger Nano本体」と「復元パスフレーズ」がビットコインを安全に保管するキモになります。そして接続するパソコン、これがセキュリティが守られていなければ意味がありません。ペーパーウォレットに比べると接続するタイミングがあるので安全性はほんの少し劣りますが、接続していない限りはオフラインでビットコインを管理できますので危険性はほとんどありません。

 

あと、やはりこのようなオフラインで保管できるウォレットを操作することでビットコインに対する理解は確実に深まりますのでリスクを減らしたい方はそのような意味でも持つことをオススメします!