とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

ビットコインや仮想通貨の知識が全くない初心者の方でもビットコインや仮想通貨がどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

bitFlyerの「SFD制度」とは <初心者向け>

f:id:jyutakugyoseiku:20180118110813p:plain

 

仮想通貨取引所bitFlyerのbitFlyer Lightningで2018年2月8日より導入された「SFD制度」がどのようなものか初心者の方にも分かりやすく解説をしていきます。

 

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

bitFlyer Lightningとは

bitFlyer Lightningは仮想通貨取引所のbitFlyerが提供するプロトレーダー向けの仮想通貨売買サービスです。bitFlyerでは誰でも簡単に仮想通貨の現物を購入できる「ビットコイン取引所」「ビットコイン販売所」「アルトコイン販売所」というサービスを提供しており、それらはトレード経験がない方でも簡単に仮想通貨を売買できるようなシステムを提供しています。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20180117174820p:plain

簡単売買のbitFlyer「ビットコイン取引所」(https://bitflyer.jp/ja-jp/ex/SimpleEx

 

bitFlyer Lightningはビットコインと日本円、ビットコインとイーサリアム、ビットコインとビットコインキャッシュの売買、ビットコインのレバレッジ取引先物取引ができるサービスを提供しています。

bitFlyer Lightningでは高機能なチャート表示などがあり、トレードに慣れている方により良い環境で仮想通貨トレードができるようなサービスを展開しています。

 

<bitFlyer取引所とbitFlyer Lightningの比較早見表>

bitFlyer取引所・販売所 項目 bitFlyer Lightning
BTC・ETH他全6種 取り扱い BTC・ETH・BCH
無し レバレッジ 15倍
簡易 チャート 本格
有り 注文板 有り
無し 先物取引 有り

 

SFD制度とは

bitFlyerではbitFlyer Lightningのレバレッジを効かせた取引などができるビットコインFX(LightningFXというサービス名)で「SFD制度」という制度を2018年2月8日より導入しました。

 

SFDとは「Swap For Difference」の略で、価格の違いを是正する為の制度です。「bitFlyer LightningのFX取引」でのビットコイン価格と「bitFlyer Lightningの現物取引」のビットコイン価格が大きく異なってしまう問題を解決します。

 

例えばbitFlyer Lightning内でビットコインの現物を売買する時1BTC=180万円であるのに同様にbitFlyer Lightning内のビットコインFXのサービスでビットコインを売買する場合1BTC=200万円になってしまう等の問題が起こります(価格は例です)。

 

なぜこのような事が起こるのかと言えばビットコインの売買が行われる場所が異なる事などが理由として挙げられます。bitFlyer Lightningの現物取引とbitFlyer LightningのFXでは取引価格が連動しない為、価格が異なる事になります。

例えばbitFlyer LightningFXだけで多くの買い注文が入ればbitFlyer LightningFXでビットコインの需要が上昇⇒価格上昇となる事になります。現物取引で需要の増加が無ければ価格は現物取引ではそのままになります。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20180118103758p:plain

 

bitFlyer LightningFXではレバレッジを効かせた(最大15倍)取引が可能な為「今後も価格が上昇するかも」と多くの人が考えた場合、少ない元手で多くの利益を得ようとbitFlyer LightningFX「だけ」買いが増大する事になります。

 

価格が大きく異なる事でビットコインの価格を正確に表示できなくなりトレードを行う上で問題が生じる為にbitFlyerは対策としてSFD制度導入を決定しました。

スポンサー

 

 

SFD制度の内容

SFD制度はbitFlyer LightningFXに適用されます。FXと現物価格の乖離(価格の差)が10%以上になった場合、SFDが適用される事になります。

価格乖離10%とは例えば現物取引1BTC=200万円、FX取引1BTC=220万円という時、乖離率は10%となります。(220万円÷200万円=110%⇒乖離10%)

 

 10%以上になった場合その価格乖離を広げるような注文が成立した場合広げる方向へ注文を出した者から一定のSFDを徴収、乖離を狭める方向へ注文を出した者へSFDを付与するとしています。

 

例えば

例:Lightning 現物(BTC/JPY)(最終取引価格:2,000,000 円)が Lightning FX(最終取引価格:2,300,000 円)対比 15% 高く乖離しているときにLightning FX で 1 BTC/2,300,000 円(Aさん買い、Bさん売り)の約定が発生した場合の SFD 額について   

Aさん:建玉決済時に、23,000 円を SFD として徴収

Bさん:建玉決済時に、23,000 円を SFD として付与

bitFlyerhttps://bitflyer.jp/​より引用

 となります。

 

SFDで徴収又は付与される比率は

10~15%未満・・・0.5%

15~20%未満・・・1%

20%以上・・・3%

となります。つまり20%以上価格差がある時に価格を広げるような注文を200万円で約定(取引成立)した場合6万円のSFDを取られてしまう事になりますのでbitFlyer Lightningを利用する場合は注意をしましょう。

 

また、bitFlyer Lightningでは価格の差の比率を確認する事ができます。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20180118105005p:plain

 

まとめ

以上がbitFlyerのSFD制度の分かりやすい解説です。bitFlyerではサーキットブレイカー制度など仮想通貨取引所の中では特有のルールがある場合がありますので特にbitflyer Lightningを利用する場合はよくルールを確認してからトレードを行うようにしましょう。

 

関連記事

bitFlyer専門ページ <特徴・使い方・ニュース・評判>

bitFlyerのセキュリティについて <ネットワーク・アカウント・ウォレット>

仮想通貨投資初心者入門ページ

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で