とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

ビットコインや仮想通貨の知識が全くない初心者の方でもビットコインや仮想通貨がどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

bitbank.ccでのリップル(XRP)購入方法と注意点

f:id:jyutakugyoseiku:20171229113407p:plain

 

仮想通貨取引所bitbank.ccでのリップル(XRP)購入方法と注意点を初心者の方にも分かり安く解説します。

 

 

 

bitbank.ccとは

仮想通貨取引所「bitbank.cc」とはビットバンク株式会社が運営する国内取引所のうちの一つです。ビットバンク株式会社はビットコイン先物取引所の「bitbank trade」仮想通貨関連ニュースを配信する「BTCN」を運営しております。

 

bitbank.ccは仮想通貨の現物取引を行う事ができます(bitbank tradeは先物のみ)。ビットコインの他にイーサリアム・ビットコインキャッシュ・リップル(XRP)などの通貨を取り扱います。

またbitbank.ccはよりスマホなどからの利用に適している特徴を持っております。手軽に取引を行い方にとってはオススメの取引所と言えるでしょう。

その他の特徴はコチラにまとめてありますのでご参考にしてください。⇒仮想通貨取引所「bitbank.cc」紹介 <特徴・セキュリティ・評判>

 

準備

bitbank.ccでリップル(以下、XRP)を購入する為には

 

・アカウント作成、本人確認(方法はこちら

・日本円入金(方法はこちら

 

を終了させておく必要があります。

アカウント作成はメールアドレス登録で行う事ができますが本人確認や日本円入金を終了する為には数日かかる為、仮想通貨を購入しようと考えている方はあらかじめこれらの操作を行っておく必要があります。

スポンサー

 

 

リップル(XRP)購入方法

bitbank.ccにログインをします。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20171229111022p:plain

 

画面左上の箇所(赤矢印)で「XRP/JPY」を選択します。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20171229111141p:plain

 

指値注文の場合は「価格(購入したい価格)」「数量」を入力し「注文」を選択します。指値注文とは価格を自分で指定して注文を出す方法の事を言います。より安い価格で購入できますが、取引が確定(約定)しない場合もあります。

指定価格で売る人がいなければ取引は成立しません。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20171229111244p:plain

 

成行注文では価格を指定しません。注文時に最も安い売り注文と約定がされます。注文板を確認して注文を出すようにしましょう。成行注文はすぐに取引が成立する代わりに現状で売りに出されている最も低い価格のXRPを購入する事になります。指値注文よりも高い価格で約定する可能性がありますので注意しましょう。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20171229111437p:plain

 

無事に約定すると購入が完了します。マイページの「資産」に表示されます。

 

売却方法

購入したXRPを売却する場合は先ほどの購入時と同様に操作を行います。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20171229112712p:plain

 

「買い」の部分を「売り」にする事で保有XRP(bitbank.cc内で保有しているXRP)を売りに出す事ができます。

売却注文にも「指値」と「成行」がありますので目的に合わせて使い分けましょう。

 

メイカーとテイカー

あまりトレードを経験した事の無い初心者の方はメイカー(Maker)とテイカー(Taker)の違いを理解しておくといいでしょう。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20171229112910p:plain

 

注文板を見ると上(赤線)と下(緑線)で注文が分かれているのが分かります。赤が市場に出ている「売り」注文で緑が市場に出ている「買い」注文です。

注文板に出ている価格と数量(以下)であればすぐに約定(取引成立)する事ができます。

 

もし自分が売り注文をすぐに約定したい場合、緑線の「レート157.631円」「数量317.1962XRP(もしくはそれ以下)」で注文を出すと、既に買いたい人の注文が出ているのでその人と注文がマッチングしすぐに約定する事になります。

 

このような既に注文板に出ている注文と約定させる事を「テイカー(Taker)」と言います。すぐに約定できる反面、価格は既に出ている注文と同じにしなければいけないという特徴があります。

 

逆に先ほどの「レート157.631円」より高値で売りたい場合に例えば「レート160円」を設定し注文したとします。するとレート160円で買いたい人は注文板にはいないので「レート160円」の注文が注文板に出る事になります。

 

この場合は「レート160円で買いたい」という誰かが現れるまで待つことになります。このような注文の仕方を「メイカー(Maker)」と言います。誰かが現れるまで約定しないリスクがありますが価格を自分で指定できるメリットがあります。

 

これらの違いを覚えておくとスムーズに売買する事ができるでしょう。

 

以上がXRPの購入・売却方法です。トレードに慣れるまでは少額からトレードを行っていくようにしましょう。

 

 

関連記事

bitbank.cc専門ページ <会社概要・取引所特徴・ニュース>

 

リップル(XRP)入門ページ

 

ビットコインのすべてがわかる本

ビットコインのすべてがわかる本