とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

ビットコインや仮想通貨の知識が全くない初心者の方でもビットコインや仮想通貨がどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

仮想通貨の現物取引とは <取引所と販売所・テイカーとメイカー>

f:id:jyutakugyoseiku:20171020182144p:plain

 

仮想通貨投資をする場合、トレード方法は複数存在します。それらの違いを知っておくことで自身に合ったトレード方法を実践する事ができます。

 

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

現物取引とは

現物取引では仮想通貨を現在価格で売買します。物を売買するのと同様に仮想通貨を売買します。

 

例えば1ビットコインが取引所内で10万円で売りに出されていたとします。1ビットコインを10万円出せばあなたは1ビットコイン保有する事になります。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20171020173549p:plain

 

購入した1ビットコインを使わずに保管しておいて後に1ビットコインが例えば12万円になった時に売れば2万円(12万円ー10万円)の儲けになります。

 

仮想通貨の現物を購入した場合はその仮想通貨の所有権を得ているので取引所から取り出して自由に誰かに送金したり決済に利用したりする事ができます。

 

いわゆる「仮想通貨を購入する」というのは現物取引によって行います。

 

現物取引の方法

現物取引の方法には2種類あり、

・第三者との売買

・取引所との売買

に分かれます。

 

第三者との売買

第三者との売買は不特定多数の人と取引所を介する事で売買を行います。

例えばあなたが1ビットコインを欲しいとして誰かが1ビットコインを売りに出していればそれを購入する事ができます。しかし、その売りに出している人は1ビットコインをいくらで売るか金額を提示しています。

 

その金額にあなたが応じればあなたは第三者の売りに出しているビットコインを買う事ができるのです。(数量も自由に指定できます。)

 

f:id:jyutakugyoseiku:20171020174523p:plain

 

売りに出されている金額であなたが買いたくなければ逆にあなたが買い注文を出す事ができます。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20171020175024p:plain

 

売りに出されている注文を買う事を「テイカー(Taker)」と言い買い注文を出す事を「メイカー(Maker)」と呼びます。(売買が逆の場合も同様に呼びます。)

 

また第三者と売買を行う場を「取引所」と呼びます。

取引所で売買する時は仲介している取引所に手数料を支払います。支払う手数料の額は取引所によって異なります。

スポンサー

 

 

取引所との売買

取引所と仮想通貨の現物を売買する方法もあります。

 

この方法では取引所が提示する金額で購入するかどうか決めます。例えば1ビットコインが9万円で取引所が売りに出している場合あなたは9万円というレートでビットコインをどのくらいの数量購入するかを決めます。(ビットコインは0.00000001ビットコインまで細分化できます。最低購入数量は取引所によって異なります。)

 

f:id:jyutakugyoseiku:20171020175721p:plain

 

売りに出す場合も取引所がレートを提示していてそれに応じるかどうかを決めて売買する事になります。

 

このように取引所と売買する場を「販売所」と呼びます。

販売所利用は取引所に手数料を支払う場合と購入金額に手数料が上乗せ(売却金額から差し引き)してある場合があります。

 

取引所と販売所のどちらを利用しても仮想通貨の現物を購入・売却する事はできますが多くの場合で販売所の方が購入金額が高い・売却金額が低く設定されています(手数料上乗せの為もあります)。手軽に現物取引ができるのは販売所、というメリットもありますので自身でメリットデメリットを考慮して利用するのがいいでしょう。

 

利益の出し方

現物取引では基本的に安く買って高く売るのが利益を出す方法です。9万円で購入したビットコインを10万円で売却する事が出来れば1万円の利益が出ます。

 

また現物を扱うので単純に仮想通貨を決済で利用する事ができます。(参考:ビットコイン決済とは <導入はビットコインの普及に繋がるか>)海外で両替手数料がかからない世界共通の仮想通貨を現物で保有する事のメリットもあります。

 

また仮想通貨ではあまり利益にならない事もありますが保有している仮想通貨の現物が分裂する事で新たな仮想通貨を保有できる可能性もあります。ビットコインが2017年8月に分裂してビットコイン保有者はビットコインキャッシュも保有する事になりました。(参考:<特集>ビットコイン、仮想通貨の分裂とは?

 

このように他の投資対象とは異なる部分が仮想通貨には多いので保有する際はよく知識をつけてから売買を行うのが良いと思います。

 

現物取引ができる仮想通貨取引所比較

各取引所の現物取引の早見表です。(スマホはスクロールで全体が閲覧できます。)

取引所名 手数料 仮想通貨数 販売所 BTC出金
bitFlyer 0.01%~0.15% 5 0.0004BTC~
coincheck 0% 13 0.0005BTC
Zaif (M)-0.05%(T)-0.01% 5 0.0001BTC~
bitbank.cc 0% 6 - 0.001BTC
QUOINEX 0% 3 無料
BITPoint 0% 3 - 無料
BTCBOX 0% 2 - 0.001BTC
GMOコイン 0%(販売所のみ) 3 無料
みんなのビットコイン 0% 3 - 無料
BIT Trade 0.2% 6 - 0.0005 BTC
FISCO 0% 2 0.0001 BTC

※取り扱い仮想通貨はトークンを除く主要仮想通貨 ※(M)メイカー(T)テイカー ※手数料はビットコイン売買 ※更新日時により情報が遅れている場合があります。(最終更新2017.10.21.)

 

ビットコイン・仮想通貨取引所比較<2017年最新版>

イーサリアム取引所比較<2017年最新版>

ライトコイン取引所・販売所比較<2017年最新版>

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin