とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

ビットコインや仮想通貨の知識が全くない初心者の方でもビットコインや仮想通貨がどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

なぜビットコイン取引は10分かかるか②

f:id:jyutakugyoseiku:20161213114427j:plain

 

ビットコインの取引が10分かかると言われていることを聞くと、「なぜビットコイン取引にはそんなに時間がかかるのだろう」と思われると思います。もちろん、海外とのやり取りで10分はかなり早く、そんなに早い決済システムはありませんが店舗で物やサービスを買う時にかかる10分は相当長く感じると思います。

以前、同じテーマで記事を書きましたが少しだけ深く仕組みについて書きますのでまだビットコインの仕組みが良く分からない方はこちらからお読みください。⇒なぜビットコイン取引は10分かかるか

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で 

 

ビットコイン取引が10分かかるとは

 

まず、ビットコインの取引が10分かかる、というのはどういうことかを説明します。これはイコール「マイニングにかかる時間」です。

マイニングとは⇒初心者も分かるビットコインのマイニングとは

マイニングはブロックチェーンという公開台帳を作成する作業の事を言います。(簡単に言っています。厳密にはもっと沢山の重要作業をしています。)そしてブロックチェーンは一つ一つのブロックからなり、ブロックは個々の取引が埋め込まれております。

ブロックチェーンとは⇒ブロックチェーンとは

 

もし、あなたがビットコインを受け取ろうとした時、相手はビットコイントランザクション(取引のデータのようなもの。詳しくは⇒トランザクションの構造とは)を作成して、それをマイナー(マイニングをする人)に送ります。するとマイナーはビットコインのブロックにそれを埋め込み、そしてそのブロックが見事次のブロックチェーンの先頭に繋げる事ができると、あなたへ送られるビットコインが「承認」されます。

 

イメージ図↓

f:id:jyutakugyoseiku:20161213111744p:plain

この「承認」が最低で10分かかるのでビットコイン取引には10分かかる、と言われているのです。

 

※「承認」というのはビットコイン取引が安全になる目安です。確実性が増すのは6承認後になると言われております。(詳しくは⇒ビットコインの「承認」は6段階?

 

10分は妥協点? 

 

さて、ビットコイン取引の成立の正体が「承認」というもので、その「承認」までの流れがわかりました。すると次に解決すべきは「何故10分なのか」という「時間」に対する疑問です。

 

これはビットコインのブロックチェーンのルールによるところが大きいのです。どういう事かというと、ブロックチェーンに新たなブロックを繋げるマイニングが「同時」に行われてしまう事があるのです。つまり、世界中にいるマイナーが「できました!」とほとんど同じタイミングで手を挙げると、その瞬間に他の参加者にそれぞれ送りますので、世界では2通りの「正しいブロックチェーン」が生まれます。

 

変な話ですが、これは想定内です。2通りの正しいブロックチェーンが仮にあってもさらにまたマイナーはブロックを作成します。そしてブロックを作成し、完成したら2通りのうちのどちらかのブロックチェーンに自分のブロックチェーンを繋げます。そしてそれを他の参加者に伝えます。すると、先ほどあった2通りのブロックチェーンは一つがさらにブロックを一つ足した状態で、長い・短いの差が生じます。

 

その時にブロックチェーンのルールでは「長い方が正しいブロックチェーン」という決まりがありますので短い方を持っている参加者は長い方のブロックチェーンをメインと考え、そちらにさらに次のブロックを足す事を始めます。

 

これは「フォーク(分岐)」と言います。(詳しくは⇒ビットコインの「フォーク」とは)フォークの起きる頻度こそが「10分」という時間に大いに関係します。

 

「10分」というのをもしも長くしたとしたら「フォーク」が起きる可能性は減ります。しかし利用者はその分長く「承認」を待たなくてはならなくなります。

「10分」というのを逆に短くしたとしたら「承認」を待つ時間が減ります。しかしフォークが頻繁に起きてしまい、ビットコインの脆弱性は高まります。(二重支払いを起こしやすくなります)

 

この「フォーク」と「承認」のちょうどいい関係が「10分」なのです。ちなみにフォークは承認時間10分であれば2回連続で起きる可能性は限りなく低いです。

 

まとめ

 

以上が少し踏み込んだ「ビットコイン取引に10分かかる仕組み」です。さらに言うとビットコインの仕組みは変更が可能です。これを100分にしたり、1分にすることは参加者の多数決により変更ができます。ですが、これだけビットコインが世に広まってしまうと変更するのにも可決までこぎつけるのはかなり困難なのでシステム変更はほとんどおこりません。

ビットコインシステムはとてもよくできていますし、エンジニアでなくても「合意形成」の仕組みはとても面白いです。もちろん仕組みを知っていれば投資にも役立ちますし、単純に面白く学ぶこともできます。興味のある方は積極的に情報収集するといいと思います!!

 

関連記事

ビットコインの取引処理能力は低い?

マイニングとは具体的に何をしているか<初心者向け>

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で 

ビットコインとブロックチェーン:暗号通貨を支える技術

ビットコインとブロックチェーン:暗号通貨を支える技術