とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン~初心者の為の仮想通貨ガイド~

ビットコインの知識が全くない初心者の方でもビットコインがどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

ビットコインはなぜ存在するのか

f:id:jyutakugyoseiku:20161207000345j:plain

 

ビットコインは管理者がいない通貨です。さらにビットコインは作成した「サトシナカモト」という人物は未だどこの誰なのか分かっておりません。ですのでビットコインが「怪しい」というイメージが付きやすいのも事実です。「ビットコインがなぜ存在するか」に対する答えは明確なものはありませんが、ビットコインを始める前に必ず生まれる疑問ですので初心者向けの当ブログでは取り扱うべき問題だと思いましたので解説させていただきます。

 

 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

ビットコインの信頼性

 

まず、この疑問が出るという事はビットコインの特性を少しはご存知の方であるかと思います。ビットコインの持つ「中央管理者不在」「発行主体がいない」「発案者がどこの誰だかわからない」という特性をご存知だという事が言えるからです。(よく分からない方はこちら⇒ビットコイン初歩の初歩

 

確かにビットコインはこれらの特性を持っております。だからこそビットコインの怪しいというイメージが付きまとうのだと思います。もし、ビットコインがどこかの企業の発明であれば納得がいきます。例えば「株式会社ビットコイン」という企業が存在し、ビットコインを発行している会社があれば「その価値が高まる(需要が増える)事によりあの企業が儲かるのか」と思えるのでビットコインの信頼性は簡単に増すでしょう。

 

ですがビットコインが発行主体を持たないが為にその信頼性は「ビットコイン自体」のテクノロジーやシステムによるところが大きいのが実情です。もちろんビットコインを扱う企業の信頼による部分はありますが、まずはビットコインのシステムが堅牢だと証明されない事には何も始まりません。

 

ビットコインは何故存在するのか

 

その信頼を皆がそのテクノロジーの仕組みを知ることにより集められればいいのですが、それは現状ではあまり期待できません。というのもビットコインはネット上の貨幣、デジタルマネーですので全く技術的な事を学んだことのない方ですと(ネットの構造を全く知らない方など)ビットコインの仕組み学ぼうとなると少しだけ根気がいるのも事実です。(本当は概要を知るだけであればそこまで難しくないのですが、興味のない方が学ぼうと思ったら根気が必要だと思います。)

 

ですのでビットコインが何で存在するのか、そしてビットコインは誰の為のものであるのか、という疑問はビットコインに興味が出ていない方には付きまとってしまう事になるでしょう。そこで、「ビットコインが何故存在するのか」という問いには「では、インターネットは何故存在するのか」という問いで返すのが良いと考えます。

 

インターネットの黎明期と今のビットコインはよく似ている(もちろん異なる部分はあります)という論説があります。(詳しくは⇒現在のビットコインとインターネット黎明期)これは多く言われている事ですのでFinTech関連の雑誌などを読んでいただくと結構出てきます。

 

インターネットは何故存在するのでしょうか。インターネットの発明者は誰でしょうか。これにすぐ答えられる方は少ないと思います。ですが、インターネットは全世界で利用されております。つまり、便利なものが誰の信頼があるわけでもなく、そのテクノロジーが信頼元となって普及するという事はあるのです。

 

現在では多くの信頼されるインターネット関連企業が「サービス」という形で私たちの前に現れていて、その「サービス」を私たちは信頼して利用しております。サービスを作っている企業が信頼しているのはテクノロジーなので間接的に私たちはテクノロジーを信頼しているという事になります。「メールの送信ボタンを押せば相手にメッセージが届く」というのはテクノロジーを信頼してこその思考です。つまり、「ビットコインの送金ボタンを押せばビットコインが届く」と皆が考えるようになっても何らおかしくはないという事になります。

 

ですので「ビットコインはなぜ存在するのか」や「ビットコインは誰の為に作られたのか」という疑問は「インターネットがなぜ存在するか」や「インターネットは誰の為に作られたか」という疑問と同じで「テクノロジーの発達」そして「みんなの為」という答えになると、私は考えます。

 

ビットコインはインターネットとは違う

 

ただ、ビットコインがインターネットと違うのは「情報」ではなく「資産」をデータ化したことにあります。情報より資産の方がテクノロジーにミステイクが起きた際、問題が大きくなります。資産である以上、そこに絶大なる信頼、インターネット以上のテクノロジーの信頼が必要だという事です。

 

私個人の意見では、人類はテクノロジーに対し信頼できる能力を持っていると思います。それは医学の分野でも分かる通り、科学に命を預けている事があるからです。命を預けられて資産を預けられないなんてことはないと思います。(預けるしかないから、という反論もあります。しかし、東洋医学よりも西洋医学が多くの方が利用するのもまた事実です)

 

もちろんこれは本当にビットコインのテクノロジーが完全だった場合の仮定です。また、ビットコインが多く普及した世界での経済が成功するのか、という答えにはなっておりません。あくまで「ビットコインがなぜ存在するのか」という問いを持ち、ビットコインを「怪しい」と思っている方に向けた解説です。ビットコインが成功する、しないの話ではないのでご了承ください。

 

まとめ

 

ビットコインは本当に面白いものです。別にビットコインが成功しても失敗しても人類が滅亡するわけではありません。儲けようとするのもアリ、理念に共感するのもあり、興味本位で遊んでみるのもアリ、だと思います。せっかくなので最新テクノロジーを楽しんでみると、みんなにとってプラスだと思います。是非まだよくわからない方は当ブログで楽しんでいっていただければと思います!

 

ビットコイン初心者専用ページはこちらから

 

 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

この1冊でまるごとわかる ブロックチェーン&ビットコイン

この1冊でまるごとわかる ブロックチェーン&ビットコイン