とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

ビットコインや仮想通貨の知識が全くない初心者の方でもビットコインや仮想通貨がどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

ビットコインはうまくいかない

f:id:jyutakugyoseiku:20161203192545j:plain

 

ビットコインやブロックチェーンに注目が集まっている中、「ビットコイン(ブロックチェーン)は世界を変える」とかそういったイメージが広まってきていると思います。そんな中でビットコインが値上がりをしてきて「ビットコインが来るんじゃないか」的な事から私自身もビットコインの素晴らしさや面白さを当ブログでは分かりやすく説明をしてきました。

最近「ビットコインは凄いよ」的な記事を書きすぎた笑ので、ビットコイン自体のリスクというよりはビットコインが通貨として成り立たないという「ビットコイン否定派」の気持ちになって「ビットコインがうまくいかない理由」を書いてみたいと思います。

(ビットコインのリスクについて⇒ビットコインのリスク

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で 

 

ビットコインがうまくいかない理由

 

・ビットコインは発行主体や管理主体がいないので不安すぎる

ビットコインは中央管理する組織がありません。なのでビットコインのシステムの脆弱性を世界のハッカーに攻撃をされてしまった場合、消滅してしまう可能性があります。そんな不安な貨幣を人々が信用して利用するようになるのでしょうか?特に日本や経済発展を遂げた先進国において政府がいきなり崩壊するという事はまずありえません。

ビットコインのシステムと国のシステム、どちらが崩壊するリスクが高いのでしょうか。

国は人類が長い歴史をかけて培ってきた経験に基づくシステムです。更に経済発展をしているという国はそのシステムがうまくいって人々が平和に暮らしている証拠です。人々は平和を望みます。そんな国がやすやすと崩壊するようなことになる可能性はどれだけあるのでしょうか。

 

・ビットコインの手数料の安さはインターネットを利用すればいい

ビットコインの特徴として手数料の安さ、送金の早さが挙げられます。しかし、手数料は現在でもインターネットバンキングを利用すれば従来のような銀行振り込みとは違い各段に安くなります。今後、テクノロジーが発展していく中では銀行だってネット技術を利用して365日24時間送金が可能になり、さらにそのかかる時間も短縮していくことでしょう。そうなれば信用があり、さらに何かあった時に保証してくれる第三者の介在した現行通貨の方が安心便利なのでビットコインはうまくいかないでしょう。

 

・ビットコインは犯罪に利用しやすい

ビットコインの匿名性はやはり問題です。アドレスを取得する時には個人情報がまるでいらず、それを犯罪に利用しても誰が利用しているのかわからないのです。確かに取引所での個人情報提出が義務付けられてはいますが、もしビットコインが普及した場合にはビットコインそのものが価値を持った通貨になってしまうために取引所を介する必要など無くなり個人情報に一度も触れずに犯罪を完結することが可能になります。その犯罪に使われたかもしれないビットコインを一般の方が安心して利用できるのでしょうか。規制当局から急に凍結されてしまうかもしれない貨幣を利用しますか?つまりビットコインの生き残る可能性で最も濃厚なのはアンダーグラウンドでの通貨、つまり犯罪資金だけと言えるでしょう。

 

・ビットコインは世界での普及に耐えられない

ビットコインには以前から容量の問題があることが分かっています。これは2016年12月現在未だ解決しておらず、これが解決する見通しもありません。さらに困ったことに中央管理する者がいない為多数決によって基本的に解決策が決められます。ビットコインは開発された当初よりもそのシステムの関係で中央集権化が進んでしまっています。この人たちが国よりも良質な判断を下すことができるのか疑問は残ります。つまり、結局は中央管理のない通貨ではなく自身の利益を最優先してしまう可能性のある、現行通貨より劣化した中央管理者がいる通貨になってしまう可能性が大きいのではないでしょうか。

 

・そもそもビットコインは国や金融機関に勝てない

ビットコインは以上のような不安要素の沢山ある貨幣である上、既存のシステムを壊しうる貨幣です。そのために、既得権益を壊されたくない国や既存の金融機関と闘う事になるでしょう。既得権益を守りたい大手メディアは大衆に対してビットコインの良さを何処まで正しく伝えるでしょうか。今ではインターネットがあるので個人の意見も世の中に発信できます。しかし個人はあくまで個人で、上記不安要素を打ち破るほどの多くの個人達が声を上げる可能性はどのくらいあるのでしょうか?結局は大衆は安きに流れるので国や金融機関に潰されて価値は暴落し、存在すら忘れられてしまうでしょう。

 

まとめ

 

いつもと違った立場を取って記事を書いてみました。皆さんはどう思われますか?ビットコインについて少しでも学んでいれば上記のような考えが生まれ、それに対し少しは何か意見があると思います。

 

一応私が以前書いた記事でのこれに対する反論(特に「反論」として書いたわけではないので少し論点はずれているものもあります笑)を示しておきます。私も一個人としてビットコインについての事を書いているだけですし、未来は誰にも分からないのでビットコインがどうなるのかはそれぞれで答えを出してほしいと思います。でも、こんなに意見の分かれる貨幣、というだけで私は面白くなってますますのめり込んでしまうのです!笑

 

・ビットコインは発行主体や管理主体がいないので不安すぎる

ビットコインの中央管理不在のメリットとリスク

・ビットコインの手数料の安さはインターネットを利用すればいい

ビットコインと日本円の振込み手数料比較しました

・ビットコインは犯罪に利用しやすい

<News!>ビットコイン取引所、捜査協力で犯人逮捕支援

・ビットコインは世界での普及に耐えられない

ビットコインのスケーラビリティ問題とは

・そもそもビットコインは国や金融機関に勝てない

ビットコインが国の通貨と逆転する可能性はあるか?

 

 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ブロックチェーンの衝撃

ブロックチェーンの衝撃

  • 作者: ビットバンク株式会社&『ブロックチェーンの衝撃』編集委員会,馬渕邦美
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2016/06/08
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (3件) を見る