とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン~初心者の為の仮想通貨ガイド~

ビットコインの知識が全くない初心者の方でもビットコインがどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

MENU

ビットコインのトランザクションプールとは

f:id:jyutakugyoseiku:20161201215408j:plain

 

ビットコインはブロックチェーンと呼ばれる帳簿に多くの取引(トランザクション)が載ることにより取引が実行され、記録として残っていきます。

そんなビットコインのシステムの中に「トランザクションプール」と呼ばれるトランザクションを貯めて置く場所があります。今回は「トランザクションプール」の解説を初心者の方にも分かりやすく説明をさせていただければと思います!

 

 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

ブロックチェーンとトランザクション

 

ブロックチェーンはビットコインや仮想通貨の根幹を支えるシステムです。この技術は多くの企業が注目しており、日本でも多くの大企業が開発に着手しています。簡単に言うとビットコインにおいてブロックチェーンはビットコイン取引の台帳のような役割を果たします。(「ビットコインにおいて」と言ったのはブロックチェーンは色々な種類があるからです。詳しくは⇒ビットコインとプライベートブロックチェーンについて

 

ブロック=台帳がチェーン状につながれていくことでその正当性を担保できたり、誰でも自分の(他人のも)取引状況閲覧することが可能になるのです。詳しくはこちら⇒ブロックチェーンをちょっと詳しく!①

 

続いてトランザクションとはビットコインの取引の事を言うと認識していいでしょう。トランザクションはアウトプットとインプットからなります。つまり「誰がいくら送ったか」というアウトプットと「誰がいくら受け取ったか」というインプットです。

これがブロックチェーンに載っていくことでビットコインが現在誰がいくら持っているのか?等の情報がわかります。(ビットコインの所有権について⇒ビットコインの所有権「UTXO」とは?

 

トランザクションプールとは

 

さて、本題のトランザクションプールについてです。トランザクションプールはそれぞれの参加者(ノードと呼ばれる)が持つ、まだ検証されていないトランザクションを貯めておく場所です。

なぜそんな場所をそれぞれの参加者が持っているのかというとビットコインでは中央管理をする存在がいない為に皆で台帳(ブロックチェーン)を作り、監視し、管理しております。

 

なのでもしあなたが取引を行うとまずそのトランザクションのデータが参加者に送られていきます。もちろんその時に取引しているのはあなただけではありません。ビットコインは世界で最も有名な仮想通貨ですので全世界で取引は行われております。

 

参加者はその送られてきたトランザクションが正当なものかどうか検証を行った上でブロックチェーンに載せるかどうかを判断していきます。この時重要なのが参加者がどのトランザクションを優先的に載せていくかを選ぶことができるという事です。マイナーと呼ばれる参加者はボランティアでビットコインのブロックチェーンを生成し、監視しているわけではありません。「報酬」目当てに活動をしております。(ビットコイン「マイニングの報酬」の仕組み

 

報酬は1新たなビットコイン2取引の手数料 から成り立ちます。ビットコイン手数料は増やしたり減らしたりすることができます。スピードやセキュリティを重視するなら手数料を増やした方がいい理由はここにあります。マイニングをしているのも人間なのでインセンティブは多ければ多いほどいいのです。

 

このような理由(もちろんこれだけではありませんが)から取引をしたあと、そのトランザクションを貯めておく場所が必要になるのです。

基本的にビットコインというのは「物」ではなくそのデータによって所有権が示されております。誰がどのくらい持っているかは先ほど少し出てきたアウトプットとインプットの関係で示されます。つまりインプットしたままアウトプットされていない記録があれば、それはその人が次回アウトプットできるビットコインである、ということで所有権が示されます。

 

ですのでこのトランザクションプールにあるのはまだ所有権の確認が取れていないトランザクション、未検証のトランザクションが保存されているのです。マイナーはここからトランザクションを拾い、検証をし、ブロックチェーンに取引記録を埋めていくのです。このようにしてビットコインのシステムは稼働しているのです。

 

まとめ

 

トランザクションプールという知識はビットコインの二重支払いというリスクを避ける上で役に立つと思います。つまり「ビットコインを送信したよ!」と言われたらそれで終了ではなくて一旦トランザクションプールという未検証の中に入れられてしまうので受け取る側としてはそのトランザクションがしっかりと「承認」されているかどうか確認しましょう、という事になります。(詳しくはこちら⇒ビットコインの「承認」は6段階?

 

もちろん初心者の方が利用するようなビットコインウォレットでウォレットに反映されたらそこまで二重支払いを気にする必要はありません。今現在では運営側もそのような不正行為に対するセキュリティは厳しくなっているからです。

 

しかし、やはりビットコインという最新技術を利用するのであれば自分の為にも知識は豊富であることに損はありません。また、今までない技術を学ぶのは単純に知的好奇心が刺激され(私はこっちです笑)楽しいものです。ご興味のある方は是非情報収集してみてください!!

 

関連記事

ビットコインシステムで伝播するトランザクションの仕組み

 

 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ブロックチェーンの衝撃

ブロックチェーンの衝撃

  • 作者: ビットバンク株式会社&『ブロックチェーンの衝撃』編集委員会
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2016/06/08
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 
//トップに戻るボタンの設定
//トップに戻るレンジの設定