読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とってもやさしいビットコイン

ビットコインの知識が全くない初心者の方でもビットコインがどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

MENU

ペーパーウォレットと現金

f:id:jyutakugyoseiku:20161109203326j:plain

 

 

 

ビットコインの保管はビットコインウォレットというビットコインの財布のようなものにするのが一般的です。

その名の通りビットコインの財布と言ってもビットコインは実際に手に取れる物ではないため、今皆さんが持っている財布とは少し違います。ビットコインはデジタル通貨なのでデジタルの中で保管する為その形態は様々な種類があります。ビットコインウォレットについて⇒ビットコインウォレットの選び方をご紹介! - とってもやさしいビットコイン

 

そんなビットコインウォレットの中でもペーパーウォレットというほぼ現金のように使えるウォレットがあります。そんなデジタルに弱い方にうってつけなビットコインウォレットをご紹介させていただきます!

 

 

ビットコインペーパーウォレット

 

 

ビットコインペーパーウォレットというものはビットコインを紙媒体で保管する方法です。ビットコインを使う際に必要な「公開鍵」と「秘密鍵」と呼ばれる暗号を紙に印刷する事で保存します。

 

このウォレットの良いところはハッキング被害に合わないという事でしょう。

ビットコインは公開鍵と秘密鍵がわかると基本的にはそのビットコインを利用できてしまいます。(公開鍵と秘密鍵について⇒ビットコインの公開鍵と秘密鍵とは - とってもやさしいビットコイン

ですのでネットの繋がれているパソコン上にそれらの鍵を記録していたり、秘密鍵をウォレットを運営する会社に預けていたりするとハッキングにあった際に秘密鍵を盗まれてしまうという事が起きます。

 

その為よく言われるのが「大量のビットコインを保管する場合はオンラインウォレット(秘密鍵をウォレット管理者に委ねているウォレット)やネットの繋がれているパソコン上に秘密鍵を記録してはいけない」という事です。

 

これをしていると少量のビットコインならまだしも大量のビットコインハッカーに狙われる要因になりますし、リスクがかなり高くなってしまいます。

 

ですのでペーパーウォレットのように秘密鍵をネットに繋がれていない場所に保管するのは他の方法に比べて安全な保管方法であると言えるでしょう。

 

 

 

ペーパーウォレットと現金

 

そしてビットコインを紙媒体で保管するペーパーウォレットは現金のような使い方が可能です。

どういうことかと言うと、ビットコインのウォレットは個人がいくらでも作る事ができてしまいます。ですので1000円分入れたウォレットを紙媒体のペーパーウォレットにする事でそれが現金のような役割を持つのです。

ペーパーウォレットを作成できるウォレットの紹介はこちら⇒ビットコインウォレット紹介「bitaddress.org」 - とってもやさしいビットコイン

 

1000円分入れたペーパーウォレットを渡すとそれを受け取った人が自分のウォレットに送金して決済が完了します。そのウォレットはもう不要になるので捨ててしまえばいいのです。(使い捨てでウォレットを利用します)

 

 

ペーパーウォレットは燃えてしまったり紛失してしまうからリスクはない訳ではない、などという意見もありますが今のように考えると現金と全く同じリスクになります。現金が燃えやすい事や失くしてしまうリスクがあるのは分かりきった事で、現金を管理できる人であればペーパーウォレットを管理できるのでペーパーウォレットは現金としての利便性と保管方法としての堅牢性を持つ優れたウォレットと言えるのではないでしょうか?

(もちろん印刷する手間などもあるので、頻繁にビットコイン決済をする方はモバイルアプリウォレットを利用するのもいいでしょう。モバイルアプリウォレット比較はこちら⇒ビットコインウォレット比較~モバイルアプリ編~ - とってもやさしいビットコイン

 

 

まとめ

 

ビットコインはデジタル通貨でデジタルに弱い方が敬遠してしまう事もあります。しかし使いようによっては現金と同様に使えたり、工夫次第では現金よりも便利に使えるのでイメージだけで決めてしまってはもったいないと思います。是非ご興味のございます方は少額から始めてみてはいかがでしょうか!

 

 

1時間でわかるビットコイン入門 ~1円から送る・使う・投資する~ (NextPublishing)

1時間でわかるビットコイン入門 ~1円から送る・使う・投資する~ (NextPublishing)