とってもやさしいビットコイン

ビットコインの知識が全くない初心者の方でもビットコインがどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

MENU

Factomとは?

f:id:jyutakugyoseiku:20160920163656p:plain

 

今回はビットコインではなく、「Factom」についてです!

 

もちろん今回も技術的な事は無しにして、どんなもんかな、という簡単なご説明をさせていただきたいと思います!

 

2015年から始まったものですので始めるのはまだまだ遅くないと思います!!

 

目次

  1. Factomとは
  2. Factomは暗号通貨ではない
  3. どこで購入できるか
  4. 発行母体がある
  5. どのように役立つか
  6. まとめ

 

 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

1 Factomとは

 

 

まずはこちらの説明からです。

Factomは2015年よりスタートした次世代の暗号通貨です。(厳密には暗号通貨ではありません。詳細は以下で)

 

主に

通貨としての機能ではなく、

ブロックチェーンの「不可逆性」や「改変不可能」という特性を活かし、

証明書としての役割を持たせるために作られるとされております。

 

具体的には

企業監査や、医療の記録、サプライチェーンのマネジメント、選挙システム、資産の登記、法的なアプリケーション、そして金融面でのシステム(ファクトム・ジャパン公式ページ - Factom Japanより

に利用されることを目指しております。

 

ブロックチェーンの仕組みについてはこちら→ブロックチェーンをちょっと詳しく!①

 

2 Factomは暗号通貨ではない

 

先ほど言った「Factomは厳密に言うと暗号通貨ではない」という事の意味をご説明させていただきます。

 

Factomは1でご説明させていただいた「記録を維持する為のプラットホーム」なのであって実際は暗号通貨ではありません。

 

Factomはブロックチェーンを利用しているだけなのです。

「じゃあ全然このブログと関係ないじゃないか」

そうではありません。笑

 

このFactomのプラットホームを利用するために「Factoid」という通貨が必要になります。

 

なのでほぼFactom=Factoidなのですが通貨としての機能はFactomには無く、Factoidに存在する。という事です。

 

ですのでFactomのシステムや構想に共感された方はFactoidを購入することで投資を行うことができるようになるのです。

 

だから「暗号通貨」というくくりで当ブログでも紹介してます笑

 

 

3 どこで購入できるか

 

Factoidは「Factomプロジェクトチーム」からの購入は終了しました。

現在は取引所での購入となっております。

 

国内取引所ではcoincheckで取り扱いがあります。

 

2015年に資金集めの為にICOが行われて、Factoidが市場に出回りました。(その際に2278BTCの調達に成功しました)

 

なので、Factoidの価値はFactomが成功すればするほど上がっていくのです。

 

 

4 発行母体がある

 

 

Factomは先ほど申し上げたように「Factomプロジェクトチーム」なるものが存在します。

あれ?

と思われた方はビットコイン通ですね笑

 

そうです。暗号通貨は「中央管理者不在」が大きな特性でした。

 

しかし、今や色々なところで開発が進んでいる為に「発行母体のある暗号通貨」なるものがあるのです。

 

そういった暗号通貨は基本的に「トークン」等と呼ばれるのですがこれだけ開発が進むともはや言葉の定義などはあって無いようなものになったということですね笑

 

一応発行母体のあるFactomですが、ブロックチェーン自体はオープンに開かれたネットワーク上で管理されるものですので特にその発行母体が管理するという事ではありません。

 

そのシステムを開発する、というようなイメージです。証明書自体はブロックチェーンで管理されるのです。

 

 

5 どのように役立つのか

 

 

以上のような特徴があるFactomですが、どのようなことに役立っていくかというと一番身近(というかわかりやすい)のは「登記」ではないかな、と思います。

 

どういうことかと言えば、

例えば全ての土地の登記がFactomブロックチェーン上で管理することが可能になります。

すると、今現在「登記」として管理している「法務局」の機能がガラッと変わります。

コストが圧倒的に安くなるんです。

 

すると、他に国の予算を回せて国民は良いことだらけです。

 

もちろん、現状すぐに可能なのかと言えばそんなことはありませんが、技術上は可能です。

 

というか、それを可能にしよう!というのがFactomなのです。

 

 

6 まとめ

 

Factomのこと、少しはご理解いただけましたでしょうか?

 

既にコイン(Factoid)が市場に出回っておりますので可能性に期待する方はご購入されてもいいのではないでしょうか?

 

Factom取り扱い取引所coincheck↓

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin


スポンサー