とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

ビットコインや仮想通貨の知識が全くない初心者の方でもビットコインや仮想通貨がどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

BITPointアプリ「BITPoint Lite」の使い方・特徴・評価 <リップルをアプリで売買できる>

f:id:jyutakugyoseiku:20180406152744p:plain

 

仮想通貨取引所BITPointではアプリを利用する事でスマホで簡単に取引を行ったり仮想通貨を送金したりする事ができます。ここではスマホで簡単に仮想通貨を売買できるBITPoint Liteというアプリの使い方・特徴・評価を初心者の方にもわかりやすく解説をしていきます。

仮想通貨取引所BITPointについてはこちらBITPoint <特徴・評判・おすすめ・使い方>をご参照ください。

 

 

 

BITPointのアプリ

BITPointでは2種類のアプリがあります。一つはBITPoint Walletという仮想通貨送受金専用アプリ、もう一方はBITPoint Liteという仮想通貨簡単売買アプリです。

BITPoint WalletではBITPointアカウントにあるビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を送受金する事ができますが仮想通貨を売買する事が出来ず、取引所と連動したウォレットとしての役割を担っています。

BITPoint Liteでは仮想通貨を日本円で売買する事ができますが購入した仮想通貨を他の取引所やウォレットに送金する事はできません。つまりBITPoint WalletとBITPoint Liteを合わせてパソコン(ブラウザ)の仮想通貨取引所BITPointの機能になります。

その為スマホでBITPointの機能を利用しようと考えている方はBITPoint Wallet・BITPoint Liteどちらもインストールしておくのが良いでしょう。

 

ちなみにBITPoint WalletもBITPoint LiteもBITPointで取り扱う全ての仮想通貨(ビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ・リップル・ライトコイン)に対応しています。BITPoint Walletの特徴などについてはこちらBITPoint walletアプリの使い方 <機能・対応通貨・初期設定>で解説しておりますのでご参照ください。

 

<BITPoint Walletアプリ機能早見表>

 項目  
OS iOS・Android
対応通貨 BTC・ETH・BCH・XRP・LTC
送受信
チャート・板
売買 -
2段階認証
その他 -

 

<BITPoint Litetアプリ機能早見表>

 項目  
OS iOSのみ
対応通貨 BTC・ETH・BCH・XRP・LTC
送受信 -
チャート・板 簡易チャート
売買
2段階認証 -
その他 資産サマリー

※Androidは2018年6月リリース予定

スポンサー

 

 

BITPoint Liteの特徴

リップルをアプリで売買できる

BITPoint Liteでは仮想通貨の売買を行う事ができます。対応通貨はBITPointで取り扱う仮想通貨「ビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ・リップル・ライトコイン」です。

リップル(XRP)をスマホアプリで売買できる取引所はBITPoint LiteとQUOINEXですが、QUOINEXは本格的なチャートを見ながらトレードをする為初心者の方には少し難しいと思います。(coincheckでもできましたが現在サービス停止中です)

BITPoint Liteの画面はとても見やすく、トレード初心者の方でも見間違いなどを起こしにくいのでもしリップルをスマホアプリで売買したいと考えている方にはオススメとなっています。

 

<初心者の方でも見やすいトレード画面>

f:id:jyutakugyoseiku:20180406150534p:plain

 

見やすい資産状況

BITPointで保有している仮想通貨・日本円の状況が「資産サマリー」という機能で円グラフで見る事ができます。仮想通貨は24時間365日価格が変動するので自身の資産状況がどのようになっているかわかりずらいのでこのような機能があると初心者の方も安心して仮想通貨を保有する事ができます。

 

<グラフで見やすい資産状況>

f:id:jyutakugyoseiku:20180406151114p:plain

 

成行注文しか対応していない

アップデートして変わっていく可能性はありますが2018年4月6日現在BITPoint Liteの売買は成行注文しか対応していません。価格を指定して売買する指値注文ができないのでなるべく価格を自分で決めて売買したい方にはあまり向いていません。

本格的なBITPointのトレードはまだブラウザでする必要があります。ただしBITPoint Walletも最初はビットコインとイーサリアムの送受金にしか対応していなかったですが現在はビットコインキャッシュ・リップル・ライトコインにも対応している状況を見ると今後指値注文などにも対応していく可能性は充分にあるでしょう。

 

<注文方法は成行注文のみ>

f:id:jyutakugyoseiku:20180406151833p:plain

 

またFXなどのレバレッジ取引にも対応していけばBITPointのユーザーも増える可能性があります。ユーザーが増えるという事はサービスも充実していく可能性が高いという事ですのでアプリも取引所選びの一つの参考にしていただければと思います。

 

取引所選びは大切

仮想通貨取引所の多くはまだ設立して時間があまり経っていない事や、法整備も整っていない為倒産時に顧客の資産が返ってくるかどうかもわからず不安定な状況です。

そのような中で取引所を選ぶ際は手数料の安さなどだけではなく運営体制や補償体制もチェックすると良いでしょう。大切な資産ですのでしっかりと取引所を選び、安全なトレードを心掛けましょう。

 

関連記事

ビットコイン・仮想通貨取引所比較<2018年最新版> 「評判・手数料・選び方」

BITPoint <特徴・評判・おすすめ・使い方>

BITPointでのビットコイン購入方法と注意点 <メリット・比較・注意点>

 

仮想通貨のすべてがわかる本

仮想通貨のすべてがわかる本