とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン~初心者の為の仮想通貨ガイド~

ビットコインの知識が全くない初心者の方でもビットコインがどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

MENU

ビットコイン送金手数料について

f:id:jyutakugyoseiku:20161225111218j:plain

 

ビットコインは多額の送金をする際は手数料を増やすことがリスクを減らすと言われております。海外送金時の手数料が銀行利用時よりも格段に安いと言われるビットコインですが、ビットコインシステムと手数料の関係を分かりやすく解説します。

 

 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

ビットコインの手数料

 

そもそも中央管理者のいないビットコインではなぜ手数料がかかるのでしょうか。銀行で取引をする際は取引を安全に行ってもらうためのコストとして銀行に手数料を支払います。

ビットコインも考え方は同じです。ビットコイン取引を安全に行う為に働いてくれる「マイナー(マイニングをする人)」に手数料を支払います。

 

つまりビットコインの手数料、とは言っても現在の通貨の手数料と考え方は同じで「その取引を安全に行う為のコスト」であると言えるでしょう。ちなみに、その取引手数料が海外送金では分散型ネットワークのビットコインは「地理的な距離」が関係ない事などによりに安く済むのです。

 

手数料と安全性の関係

 

そんな安全のために支払う取引手数料ですが、ビットコインでは銀行送金とは違い自身で手数料を選ぶことができます。少額手数料での送金よりも少し多めに手数料を設定するとそのビットコイン取引の優先度は上がる事になります。

 

仕組みは「マイニング」にあります。マイニングについての概要はこちらで説明しております。⇒初心者も分かるビットコインのマイニングとは

 

マイニングは全世界で行われる取引データ一つ一つを検証し、不正が無いかどうか調べてくれます。更に正当な取引データをビットコインの公開台帳である「ブロックチェーン」に埋め込んでいき、その取引データを改ざんできない確立されたものとします。

 

ですが、ここで重要なのがマイニングをする参加者=マイナーがどの取引データをブロックチェーンに埋め込んでいくのかは「それぞれのマイナーに委ねられている」という事です。マイナーがマイニングをする唯一の理由は「報酬」です。「報酬」は新規発行ビットコインと取引手数料からなります。詳しくは「ビットコイン「マイニングの報酬」の仕組み」で説明をしておりますので参照いただければと思いますが、この「報酬」が多ければ多いほどマイナーがブロックチェーンに取引データを載せる動機が強まるのは事実です。

 

新規発行ビットコインは約4年に一度しか変わりませんが取引手数料は取引によって送金者が選択できるためにそれぞれ変わります。つまり、ブロックチェーンに新たなブロックが追加される「10分」は変わりませんが次のブロックであなたの取引データが優先的にブロックに追加されるかどうかは「手数料」次第なのです。次のブロックに追加されなければ更に次のブロックがブロックチェーンに追加されるまでプラス10分かかるのです。

 

優先的にビットコイン送金を行いたい場合は手数料は多ければ多いほどいいのです。(とは言え莫大な手数料をかける必要はありません。初心者の方が利用するウォレットであれば設定で「優先度」という項目を3段階で選択できたりするでしょう。優先度を高くしても一番低い時の倍程度でしょう。)

 

手数料が少ないとブロックに載せてもらえない?

 

こうなると手数料が少ないビットコイン取引はいつまで経ってもブロックに載せてもらえない事があるんじゃないか?と思われるかもしれません。しかし、ビットコインで取引が承認されなかった、なんて話は聞いたことがありません。(承認とは⇒ビットコインの「承認」は6段階?

 

そうです。ビットコイン取引が承認されずにずっと残っているなんて事はありません。というのもマイナーが作るブロック、取引データを載せていくブロックには一定の「枠」があるからです。マイナーは基本的に手数料が高い取引データをブロックに載せていきますがその「枠」には「優先度」が高いとされるものが載せられることになります。ここで言う「優先度」は「取引データが作成されてからの時間」も関係してきます。つまり時間が経つにつれ取引データの優先度は高くなっていくのです。

 

この「枠」があるために現在では取引が残る事がありません。例えビットコインマイナーがブロックに載せるのを嫌がるほど手数料を低くしたとしてもビットコイン取引はいずれブロックチェーンに載る事になるのです。

※「現在」と言ったのはビットコインシステムの技術的な事が関係しております。今後の取引量が世界で爆発的に増加すれば追い付かなくなるのではないか、と言われる事があり今最も注目される「ブロックサイズ問題」も解決しなければ取り残される取引データが出てきてもおかしくありません。(参考:ビットコインのブロックサイズ問題について

 

まとめ

 

以上がビットコインと送金手数料の関係です。この知識があるだけで多額のビットコインを送金する際と少額のビットコインを送金する際の手数料設定、また早く送金したい時と遅くてもいい時の手数料の設定が決められて、リスクも減りますし節約にもなります。

やはりビットコインを安全にお得に利用するにはとにかく知識が大切です。ビットコイン初心者の方が最初にやるべきは「知識」をつける事です。これが最も確実なリスクヘッジになります。是非、積極的に情報収集をして自由な経済活動を行いましょう!!

 

関連記事

bitbank trade、BTC引き出し(送金)手数料値上げ

 

 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

この一冊でまるごとわかる ブロックチェー ン&ビットコイン(日経BPムック)

この一冊でまるごとわかる ブロックチェー ン&ビットコイン(日経BPムック)

 

 

//トップに戻るボタンの設定
//トップに戻るレンジの設定