読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とってもやさしいビットコイン

ビットコインの知識が全くない初心者の方でもビットコインがどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

MENU

ビットコイン決済システムの長所(ネット決済編)

f:id:jyutakugyoseiku:20161224110051j:plain

 

ビットコインが投資目的の貨幣として注目される中で、ビットコインの決済システムとしてのもともとの機能も段々と注目されてきております。そんな中で実際ビットコインが決済システムでどこが現行決済システムより優れているのか、整理をしたいと思います。

 

 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

ビットコインの決済システム

 

実際、ビットコインの送金には10分かかりますので現金やクレジットカードと比べた場合に実店舗決済においてはビットコインは前払い又は未承認で完結する必要があります。(未承認については対策が無い訳ではありませんが、現状としてこれを解決するサービスがまだ世界的に普及していないのでここでは無視をすることにします。参考:承認とは⇒ビットコインの「承認」は6段階?

 

ですので、まず私はビットコインが現状では実店舗決済にビットコインを利用する必要が無いのであまり増える事はないのでは、と思っております。(もちろん10分以下で多くの人が安心安全に決済可能になるサービスが開発されれば話は別です)

 

ビットコインは現在ではインターネット上での決済(ネットショッピング等)においてかなりの優位性があります。ですので今回はこの部分にスポットを当ててみたいと思います。

 

ネット上決済での長所

 

インターネット上の決済、インターネットショッピングではビットコインはかなり様々なコストを削減できます。例えばネットショッピングを行った場合に現在選択できる決済方法は主なものでは「クレジットカード」「代金引き換え」「振り込み」があります。これら3つとビットコインの違いを以下、述べていきます。

 

その他にも決済方法は多く存在しますが、それぞれに特徴がある為比較が複雑になるという理由と上記3つ以上に一般的になっている決済方法はありませんので今回は省略させていただきます。

 

・クレジットカードとの比較

 

クレジットカードではカード番号等のそれさえあれば利用できてしまう情報をオンラインで送信する必要があります。入力ページや通信の際に暗号技術により守られているとはいえ漏洩する可能性はありますし、あまりセキュリティ上は良いものではありません。

対してビットコインでは個人情報の入力は全く必要がありません。ビットコインアドレスと秘密鍵さえあれば決済が可能です。ビットコインアドレスを毎回決済の度に換える事で更にセキュリティは向上します。不正利用による大量の資金流出をビットコインは防いでくれます。

 

※ビットコインは手数料がかかります。クレジットカードは事業者が手数料を負担してくれているので消費者にはかかりません。この点ではクレジットカードに利点があります。ただし、もしビットコイン決済を事業者が導入すれば必然的にコストは減るので消費者に還元されることになります。

 

・代金引換と振り込みとの比較

 

こちら2つとビットコイン決済では労力(時間)と手数料コストの違いがとても大きいでしょう。労力や時間が代金引換や振り込みではかかりますし、ビットコイン手数料よりも消費者の負担は大きいです。

最近ではネットショッピングでこの二つの決済を用いる事はあまり主流ではなくなっている理由もうなずけるでしょう。

 

ビットコインは最短10分で決済が完了するためにこの二つに比べれば商品やサービスが手元に届く時間はかなり早いでしょう。

 

※ビットコインよりこの二つの決済方法が優れているのは「安全性」であると思います。ビットコインシステムが安全ではないという事ではなく、ビットコインは人間の誤操作による資金紛失リスクがあります。ビットコインアドレスや出金金額のご入力によるビットコイン紛失はビットコインが戻ってくることがありません。その点、代金引換や振り込みではこのようなミスによる資金紛失はありません。ですので、手数料はそのリスクに対する代金という見方もできます。

 

結局ネット決済では何が最も良いのか

 

ネット決済では、「個人情報を入力したくない」「スピード重視」であればビットコイン決済は有用です。

キャッシュレス+個人情報入力不要-数十円の手数料=ビットコイン

のようなイメージです。

 

ですが忘れてはいけないのはビットコインは価格が変動するという事です。日本国内で利用するには現在ではクレジットカードの方が総合的に見れば上である、という見方ももちろんできます。これが対海外のネット決済になれば価格変動リスクや手数料の増加でクレジットカードよりビットコインの方が総合的に上になるでしょう。

 

クレジットカードがあっても代金引換や振り込みが無くならないのと同様にビットコインが普及してもクレジットカード決済方法も無くならないと思います。

 

その時その時に合った便利な決済方法、個人の考え方に合った決済方法が選択できると便利です。

 

まとめ

 

ここまでくると、「ビットコインが一番」や「ビットコインは不便」という単純な話ではない事がわかります。また決済方法の比較については当ブログでも行っていきたいと思っておりますが、ビットコインが出現したことによって世の中にプラスになっているのは「選択肢が増えた事」だと思います。

 

それぞれに合った決済方法で決済できる、その選択肢が多ければ多いほど利用者にとっては便利になっていくのではないかと思います。

 

<関連記事>

ビットコインでできる事<6つの事>

ビットコインデビットカードについて考える

なぜビットコイン取引は10分かかるか

 

 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

この一冊でまるごとわかる ブロックチェー ン&ビットコイン(日経BPムック)

この一冊でまるごとわかる ブロックチェー ン&ビットコイン(日経BPムック)