とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

ビットコインの知識が全くない初心者の方でもビットコインがどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

ビットコインとブロックチェーンは違う!?

f:id:jyutakugyoseiku:20161112155905j:plain

 

 

 

ビットコインとブロックチェーンについてのニュースは毎日尽きることがありません。ビットコインもブロックチェーンもそれだけ世界中で注目されており、それだけその技術の革新性が認められているという事だと思います。

 

しかし、まだ一般的に言えばビットコインに関してもブロックチェーンに関しても「名前は聞いたことがある…」という程度であるというものではないかと思います。

そこでビットコインとブロックチェーンの違いについて分かりやすく解説をしていきたいと思います。

 

 

 

ビットコインとは

 

ビットコインは仮想通貨です。ビットコインについて初めから説明をしようと思ったらかなりの時間を要してしまいます。

ビットコイン超初心者の方はこちら⇒ビットコインとは - とってもやさしいビットコイン

簡単に説明をするとビットコインはネット上に存在する通貨で、発行主体無しにその取引が担保されております。今までそんなものが無かったので信じられない方も多いと思いますが2009年にビットコイン取引が開始されてからそのシステムを破られたことはありません。

 

通常銀行送金であれば銀行が、電子マネーであればその発行主体が、クレジットカードであればVisaやMasterCardなどがその取引を監視し不正を防ぐことによって取引が成り立ちますがビットコインはその監視管理を中央でするものが無しに取引が成立していきます。

 

今までできなかった中央管理不在のシステムを実現したのが「ブロックチェーン」という技術です。つまりビットコイン=ブロックチェーンではなく、ビットコインを支えるシステムの一つにブロックチェーンという技術がある、という事なのです。

 

 

ブロックチェーンとは

 

ではブロックチェーンとはなんなのかですが、ブロックチェーンの仕組みについてはこちらブロックチェーンとは - とってもやさしいビットコインで説明しております。

 

 簡単に説明するとブロックと呼ばれる取引帳を毎ブロックごとに皆で検閲し、それを正当なものだと認めれば承認していきます。ブロックが次々とつながれていく様子がチェーンのようなので「ブロックチェーン」とそれは呼ばれます。

 

その性質からブロックの中に書かれている取引が不正を働いたものかどうかをすぐに検出できたり、過去の取引の改ざんを限りなくゼロに近い可能性(というか0%)で防ぐことができます。(ビットコインのシステムはブロックチェーン以外にも独自の合意システムなどにより強固な管理システムが構成されております)

その他のビットコインシステムについて⇒プルーフ・オブ・ワークとは - とってもやさしいビットコイン

 

そんなブロックチェーンのシステムにより多くの仮想通貨や企業のサービスが実験的に作られております。

 

今ではブロックチェーン=ビットコインということになりました。ビットコインからブロックチェーンは生まれましたが、ブロックチェーンの技術を利用したアプリの中の一つにビットコインがある、というイメージに変化をしました。

 

 

まとめ

 

ビットコインとブロックチェーンはものすごい勢いで進歩しております。

 一年前とは全くビットコインブロックチェーン事情とは異なってきております。ですので常に最新情報を追っかけていると今後どのような未来になるのか予測ができたりしてとても興味深いです。

是非、色々と情報収集をしてみてください!