とってもやさしいビットコイン

とってもやさしいビットコイン

ビットコインや仮想通貨の知識が全くない初心者の方でもビットコインや仮想通貨がどういうものなのか分かりやすく理解できるブログを目指してます。

vDiceというICOについて

f:id:jyutakugyoseiku:20161009151225p:plain

 

先日、当ブログ内で私が今気になっているICO「vDice」について調べましたのでここでご紹介させていただきたいと思います。

ICOについてはこちらをご参照ください⇒仮想通貨のICOとは?

 

ちなみにvDiceについて保証する記事ではないことと、100%この記事を信じて投資されても責任はとれませんのでご了承ください!

 

当ブログはあくまでも「ビットコイン」「仮想通貨」「ブロックチェーン」がより自由な世界を作ることに期待した著者が個人的に運用しているもので、初心者の方に安全で楽しい仮想通貨ライフを送ってもらおうという意図で記事を書いております!!

 

 

 

目次

  1. vDiceとは
  2. どんなプロジェクトか
  3. 使用する仮想通貨は?
  4. 儲かるのか

 

1 vDiceとは

 

まずvDiceについてです。

vDiceは仮想通貨のICOの一つで、ブロックチェーンを活用した次世代のシステムを創造するプロジェクトです。

 

そしてそのプロジェクト達成の為には資金が必要になってきます。広く多くの方から資金を集めよう!という事でICOを行い、プロジェクト成功をした暁にはvDiceの発行する仮想通貨が値上がりをし、それにより投資家はリターンを得る、というのものです。

 


スポンサー

 

 

2 どんなプロジェクトか

 

では、vDiceのプロジェクトとはどのようなプロジェクトなのでしょうか。

 

まず知っておきたい事ですが、ブロックチェーンには「スマートコントラクト」という機能があります。

 

「スマートコントラクト」とは簡単に説明すると

 

「Aという事象が起きた時Bを執行する」

 

という「条件付き決済」のようなものをブロックチェーン上で自動的に行ってしまうシステムの事です。

 

具体的には

「10月10日12:00に1BTC=7万円以上ならA口座からB口座に1BTC移動する」

という契約をブロックチェーンに組み込むと

10月10日12:00に1BTC=7万円以上」だった場合

自動的にAからBに移動します。

 

最近騒がれている「スマートコントラクト」の優れたところは「自動的」「改ざん不可能」なところです。

これは今まで第三者の監視のもとでしか可能でなかったのですが、「スマートコントラクト」によって第三者不在でも可能になったことでvDiceのようなプロジェクトが組まれることになりました。

「スマートコントラクト」について詳しくはこちらで⇒スマートコントラクトとは

 

vDiceはギャンブルゲームです。vDiceは「スマートコントラクト」を利用することで15~30秒で結果が出るギャンブルを実現しました。

 

ルールはいたって簡単でその名の通りサイコロで出た目によって勝敗が決まるようなゲームで、数の大小を当てるようなものです。

 

実際はオッズが決まっており、それにベットする形でギャンブルを行います。

正直ゲーム性はあまり無いと私は感じましたのでゲーム自体が流行るのか?という疑問があります。(もちろん世界的に行われるので私の感想など1ミリの参考にもなりませんが笑)

 

そしてvDiceのICOでは「vSlice」というトークン(独自通貨)を発行しvDiceの開発・運営の為に資金集めが行われます。

 

そのトークンを保有した投資家はギャンブルが行われることで配当がもらえる、という仕組みになります。

 

↓vDiceのサイトリンクを貼っておきます。

www.vdice.io

トップ画面(日本語非対応)

f:id:jyutakugyoseiku:20161009145242p:plain

 

 

3 使用する仮想通貨は?

 

使用する仮想通貨はEthereum(イーサリアム)です。また参加するにはJaxxというイーサリアム対応のウォレットが必要となります。

 

イーサリアムでvDiceの独自トークンであるvSliceを購入することになります。

 

クラウドセールは今のところ2016.11.15.の予定です。(vDiceHPより)

 

 

4 儲かるのか

 

一番気になるのがここです。

 

正直こんなことは誰にも予想がつきません。

 

でも「スマートコントラクト」と「賭け事」が相性がいいのは確かです。あと、vDiceは2016年7月より始まって実際にイーサリアムを利用してギャンブルゲームがスタートしております。なので「100%詐欺だな~」というものではないと私は感じております。

「ホワイトペーパー」というICOを行うに当たっての説明書のようなものも読んでいてただただ「お金欲しい」みたいなものではないと思いました。

 

しかしゲーム性があまりない事や、「実際資金集めてこれ以上開発する必要があるのか」という疑問はまだ私の中にはあります。

まだまだクラウドセール開始まで時間があるので私も参加するかどうかは迷っているのが正直なところです。

 

興味のある方は色々と調べてみるといいと思います!!